願いよ、叶うように

<   2006年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧

もうすぐ11月


 秋の気持ちいい日が続く。さわやかな風だ。若い頃は夏の暑さが
 好きだったけど、今は晩秋の草のにおい、が大好きな季節になった。
 ユーミンの”ノーサイド”と云う曲は大人の秋を感じる1曲だと思う。

 実家との関係がうまく改善された安心感から、発泡酒に手を出している。
 自炊もおさぼりがちで.....でも今日はなべにしよう。自炊っていい気分
 転換になる。

 今は仕事が決まらないのが一番の心配ごと。昔は仕事のストレス
 で心を病んだ時期もあったと云うのに。父も母も働くのが大好き
 だったし、その娘だからね~今はどんな仕事でも自分を生かしたい。
 大好きな温泉も映画も、働いてこそ味わえるような気がする。

 温泉と云えば、数年前にもリストラにあったとき、数ヶ月の無職の後、
 ようやく職にありつき、骨休めの草津に日帰りに行った。立ち寄り湯の
 露天で、体を沈めたとき、思わず涙が出たことがあった。お湯は何も
 云わないけれど、それまでの苦しみや心の葛藤、経済的な不安等々、
 そんなことをすべて忘れさせてくれた。日本の偉大なる遺産の感謝
 したい、そんな気持ちだった。

 早く”ガンガン”働いて、温泉を心底楽しめるようになりたい。
[PR]
by me_sr2000 | 2006-10-31 16:08

週末

 
 久々の実家へ。晩御飯を母や妹たちと食す。
 なべの野菜を切るのを手伝ったり、これが幸せの家族
 な気がした。

 再来週は母から煮物を習う約束をした。

 仕事は派遣の応募をネットでしてるが、全然ダメ。
 うーん、困ったなぁ。のんびり行こう~
[PR]
by me_sr2000 | 2006-10-30 19:17

飲み会の続き


 久々の飲みで記憶なしの彼女を家まで送る。旦那は私も知っている元同僚。
 何度携帯に電話しても出ない....うぅ~確か今日は飲み会で近い場所に居る
 ハズなんだけど。あちこち電話をして所在を聞いたがわからないので、結局
 彼女の家まで送っていった。気持ち悪くなったりはしてないようだが、とにかく
 ”よっぱらい”だ。ソファでしばらく介抱。数十分後のとなり寝室から”こんばんは”
 えー帰宅してたの?何時ごろ?”21:30頃には~寝てました”頼むよ、携帯出て
 くれよ~。

 あーびっくりした、幽霊か亡霊かと思ったわよ、あんなの騒いで帰宅したのに
 気が付かず寝てたなんて。とにかく落ち着いて私たちも同じ部屋で就寝。

 いろいろ話した。過食のこと、引きこもりのこと、仕事がなかなか決まらないこと
 母と和解したこと.....

 翌日は二日酔いの私たちを起こさず、ご主人は出勤。午前中は起きたけど
 布団の中でいろんな話をして過ごした。

 無職だからこそこんな時間が持てた。少し飲みすぎたけど、幸せなひとときを
 過ごせた。
[PR]
by me_sr2000 | 2006-10-28 22:38

久々の不摂生


 26日午後、友人から毎年行っているコンサートのチケットが取れたと
 メールが入る。早速返信電話をしているううちに、急遽飲みにいくことに
 なり、大慌てで支度をして家を出る。

 元同じ職場の同僚の彼女は、今はすっかり専業主婦が板につき、
 現役時代に飲み歩いていた彼女からは変貌を遂げていた。

 しかしながらお互いいろんな話をしているうちに、記憶がぶっとんだらしく
 家まで送っていく。

 その後の笑い話は明日に.....
[PR]
by me_sr2000 | 2006-10-27 23:17

ウォーキング


 ウォーキングと云うか買い物ついでに近所に出来た100均ローソンへ。
 ここは野菜なんかもあるので、とっても便利。徒歩10分弱。自炊を
 始めたので、いろいろ買うものが出てきた。その後、その付近の
 ドラッグストアに行き、うっすらと汗をかく。今日はよく晴れたしね。

 その後、家から最寄り駅までの途中にある公園内を歩く。小さな小川や
 木々の中の階段や小さい小さい滝なんかを見ながら、約30分歩く。
 
 少し汗をかくと気持ちいいなぁ~

 では今日の食事

 朝:昨晩の夜の残りのなべ(ほとんどお豆腐)、巨峰
 昼:ビール350ml ピザまん
 夜:じゃがいも、にんじん、たまねぎのコンソメ煮、キムチ納豆

 運動したらのどが渇いちゃった。特別な日ではないけど、ビールを
 1本頂きました。夕方になっても空腹感は強くない。胃が少し小さく
 なったのかな。ウォーキングはトータル50分くらい。

 気になるのは、派遣の面接の日程の連絡がないこと....
[PR]
by me_sr2000 | 2006-10-25 17:57

診療の日


 今日は、月に一回の心療内科の診察日。
 予約を一週間間違えていて、薬が足りなくなるトコだった。
 
 先生は以前の会社のストレス相談担当の産業医として、不眠を
 相談したのがキッカケ。そろそろ2年以上、見てもらっている。

 今日は不覚にも涙を流してしまった。先生はティッシュを差し出して
 くれた。

 母との関係を修復できたこと、食べ物にはけ口を向けるのを
 辞めようと決意したことをを話した。仕事がなかなか決まらないのは
 太っているからだと思い込んだことも。

 そんな私に”でも以前より若返ったと思いますよ”

 えっ?

 専門家のお言葉だ、有り難く受け止めよう。

 まだ風邪が完治してないので、ウォーキングは少ししかできなかった。
 でも、食事は自炊を数ヶ月ぶりに再開。夕食は野菜中心のなべ。

 朝:ダイエットスープ
 昼:そうめん明太子ソースあえ、プチトマト
 夜;白菜、えのき、にんじんのなべ、冷奴

 ビールはなんだか飲みたいと思わなくなった。うれしいことがあった
 ときのための取っておこう。早く風邪を治してウォーキングしたいな。
 今日の東京、最高気温は約14℃。寒くなってきました。大好きな
 晩秋がそろそろ終わろうとしている。



 
[PR]
by me_sr2000 | 2006-10-24 17:49

ダイエット再計画


 昨日は、友人と温泉銭湯へ行った。私の住んでいる地域は”モール泉”を
 云われる黒湯が湧き出ている銭湯がいくかある。
 露天やサウナ、水風呂もあった。

 水風呂で、体を伸ばしていたおば様に声をかける。

 ”体やわらかいですね”

 ”そんなことないけど、身長があるから端まで体を伸ばせるのよ。”
 
 ”私、腰が痛くなっちゃうんですよね”

 ”あぁ、あなたお腹出てるものね”

 えっ?見ず知らずのおば様のコメント、事実だけどきっつ~

 ”私もそうだったんだけど、運動と食事を気をつけてここまで痩せたのよ”

 ははぁ~恐れ入りました。私はこの会話を通して、本格的にダイエットの
 励む決意を固めた。仕事は決まらない云々で、食にアルコールに逃げて
 いた。でもそんなんじゃ何のための生きているのか、わからないもの。

 そこでダイエット再宣言

 1 アルコールは特別なとき以外禁止
 2 深夜のコンビニ、ピザデリバリー、宅配すし禁止
 3 炭水化物は週イチに
 4 運動はウォーキングを一日一時間、その他、外出の際には
   一駅くらいは歩く、腹筋も開始
 5 入浴で汗を出す

 さて、以上の項目で一番苦しそうなのは”一日一時間ウォーキング”かな。
 近所はさほど危ない地域ではないんだけど、何せ今までのダラダラ生活
 のツケがあるし。

 さぁがんばるぞ!人生80年、これからの先を楽しく過ごせるように。
[PR]
by me_sr2000 | 2006-10-23 22:35

母と打ちとけた


 私は幼い頃から母と仲がよくなかった。几帳面な私と大雑把な母。
 いつもけんかが絶えなかった。

 しかしながら、久々昨日電話をした。”元気?””うんまぁまぁ”
 その後私は涙をこらえるために少し沈黙してしまった。
 ”もしもし””はい””明日そっちに行ってもいいかしら?”
 ”えっいいけど”
 今の部屋に引っ越してから何年ぶりだろう、母が来訪すると云う。

 朝から大忙し~いつも午前中は寝てるのをナントカ10時前に起きて、
 ごみはベランダへ、掃除機をかけ、洗濯物をたたむ。

 11:00すぎに乗換駅まで向かえにいく。いない、汗.....
 20分すぎた頃にエスカレーターから来る母に会う。案の定、お土産
 を物色していたらしい。”包んでもらったんだけどお店の人がもたもた
 してて” 今の私の生活では手の出ない巨峰を手にしていた。

 その後、私の家の最寄駅を少し案内、ちょっとした駅ビルのお店、和の
 小物屋さんやお花屋さんを見ながらゆっくり歩く。

 私の部屋のきて少し会話。”仕事なんてあせらないでのんびり
 探せばいいじゃない、イザとなったらうち(実家)にくれば寝る場所
 くらいあるわよ、野宿しなくて済むわよ”
 
 でもxx(同居している妹)が”兄弟は所詮他人””何もしてあげられない”
 ”お互いに頑張るしかないでしょ”と云われたことも話した。

 ”そんなの気にすることないわよ、あなたの実家でもあるのよ”

 母が偉大に見えた。私はこれから先の人生40年を一人で生きて
 行くしかないと思っていた。血のつながった人間にさえ、心を見せられ
 ない、そんな孤独感に押しつぶされそうだった。いきがって母といつも
 ぶつかっていた。でも母は仕事もなく醜く肥満した私に無条件に味方
 してくれた。

 昼食に母の好きなうなぎを近所に食べに行った。帰りには木々の中
 を散歩しながら駅まで母を送って行った。

 私は今まで、母の何を見ていたんだろう。母は7歳にときに母親(私の
 祖母)亡くし、孤独な少女時代青春時代を送ってきた。子供っぽいところ
 もあるが、三人の娘を育て、病気をした父を支え、5年前に見送った。
 私には何ひとつできていないことをやってきたのだ。尊敬しなければ
 ならない存在だ。

 こんなことを気が付かせてくれた今の環境、無職で落ち込んでいる
 時期は決してムダではないと思った。



 
 
[PR]
by me_sr2000 | 2006-10-21 20:11

週末


 風邪でダラダラしているうちに”あっ”と云う間の金曜だ。
 今週は決めるハズの仕事を先延ばしのしてしまい、心残り。

 心残り、私の元彼は.....私から交際を申し込んだハズなん
 だけど結局破局した。スキーが大好きな人で、付き合い始めて
 始めてのお正月もバレンタインもなかった。フォローに平日に
 会ったり努力してくれたけど、その頃私は朝7:30出勤をしていて
 正直平日デートは重荷だった。

 彼は自分の好きなことをするために一生懸命だったのかも
 しれない。でも”養ってもらうの夢だなぁ”など金銭面で頼られる
 のってどうなんだろう。

 スキーのシーズンが終わってからも私と会う時間は最優先では
 なかった。自分の仲間とキャンプに行く計画が入っていたり、
 どんなときでも私との時間は優先しなかった。あの恋愛は何
 だったんだろう。憎む気持ちはないが友達にはなれないな。
[PR]
by me_sr2000 | 2006-10-20 19:17

秋晴れ


 今日もいいお天気。昨日干した洗濯物が気持ちよく乾いてくれた。
 
 昨日、元会社の先輩から”たまには飲みに行きませんか?”と
 メールが入った。”風邪気味なので明日の朝起きてから返事します”
 案の定、胃は痛いし吐き気もあり、”すいいません延期してください”と
 お願いした。久しぶりに外出したかったし、人と会話したかったんだけどなぁ。
 プチ引きこもりから数週間、体調の悪さも手伝ってセブンイレブンしか
 外出してない。

 以前の私は、前日22:00まで残業しても、休日は必ず外出してた。
 映画や日帰り温泉、ネイルやマッサージ。豪勢に遊んでいたもんだ。

 今は、映画を見ることが一番楽しみになったかな。明日はちょっと
 遠いけど、町田まで映画を見に行こう思ってる。映画って始まるまえ
 のあのワクワクしたカンジが現実を忘れさせてくれる。
 去年は年間約80本(DVDも含む)鑑賞しちゃいましたわ。

 私の場合、多少体調が悪いくらいの方が、精神面は元気な気がする。
 なんだか”変???”
[PR]
by me_sr2000 | 2006-10-19 16:33



独身40代女に愛と財力の手を!