願いよ、叶うように

春の旅 3日目

 
 朝6:00起床、お風呂へ。ダバダバと掛け流されるお湯、
 あぁ、気持ちいい~。源泉はこの宿の入り口にあるとか。
 不覚にも画像を取り忘れる...
 手作りのおいしい朝食を頂き、8:00過ぎには宿を後にする。
 ネコがアチコチにいる宿でした。
 
 駅までの道は朝の散歩を楽しみたい、そんな気持ちにさせる
 景色だった。ウグイスも鳴いていたなぁ。
 さぁ、今回に旅のメインのひとつ”いさぶろう号”に乗車すべく、
 吉尾駅から人吉駅へ。

 
a0078966_20173487.jpg


 
a0078966_202156.jpg


 
a0078966_2018266.jpg

 
 
a0078966_2015358.jpg


 
a0078966_20184261.jpg


 
a0078966_20165750.jpg

[PR]
# by me_sr2000 | 2008-04-14 20:25 | 鉄道と温泉

春の旅 2日目-4

 こんな無人駅だけど、下車する人、私を含めて3人。
 皆様、どこへ行くんだろう。1人はカメラをもった鉄系男子。
 もう1名はボストンバックを持った私よりやや年上主婦系女子。
 後でこの方達は同じ宿の宿泊とだとわかった。
 
 駅から歩きながら、宿に電話を入れ場所を確認、歩く。
 少し行くとようやく第一民家発見。ベランダ越しのこちらを
 見てるおばさんに”あの~高野屋さんに行きたいんですけど”
 と云うと、”ここからまっすぐ歩いていけばすぐよ~”つか道1本
 しかナイデスカラ。ようやくたどりついた高野屋旅館、民宿に毛
 のはえたような旅館。宿帳も書かなければ宿代の明細もくれな
 かった。でもなぜか部屋にはトイレは有り。こちらは有難かった。
 http://ashikitakankou.michikusa.jp/

 肝心のお湯は、硫黄臭ただよう温度の低いヌルヌルとした浴感。
 カランなし。自家源泉らしく、朝入る時間を告げるとお湯をだして
 いてくれた。窓を開けると駅から歩いてきた道、車も人も通らない
 ので、空気を味わいながらお湯を堪能。そして意外にも食事が
 よかった。球磨川名産のおおぶりの鮎やアラニ風のお味噌汁、
 しっかりした煮物、一手間かけたお漬物、たっぷりのフルーツなど。
 お酒2合ビンビール2本、ご精算10,000円でした。

 
a0078966_21501184.jpg


 
a0078966_2150324.jpg


 
a0078966_21505193.jpg


 
a0078966_21563474.jpg


 
a0078966_215772.jpg


 
a0078966_21522595.jpg

[PR]
# by me_sr2000 | 2008-04-09 21:59 | 鉄道と温泉

春の旅 2日目-3


 阿蘇を後にし、熊本→八代へ。八代は隣駅に新幹線停車の
 新八代駅ができたからややさびれた感あり??? 駅からは工場がみえた。
 八代から16:40発の肥薩線に乗車。球磨(くま)川にそって走るローカル線。
 この電車の前は、14:10発。2時間半も間はあるのね~

 1両電車は、山間のゆるやかなカーブを川の景色を見せるかの様に
 進んでいく。中国の山水画とはこんなカンジだろうか。初春の山が
 いくつも重なり合って見える。あぁ~言葉がでないとはこのことだろうか。
 夕日は厳しかったけど、目に焼きつく風景だった。

 この日の宿高野屋旅館は、八代から40分の吉尾駅から徒歩10分。
 夕焼けを瀬に無人駅を降りる。”うわぁ~やっちまったかぁ~”
 まわりには、本当に何もない、民家も自販機すらも。

 
a0078966_2234643.jpg


 
a0078966_22332334.jpg


 
a0078966_22342618.jpg


 
a0078966_22322044.jpg

[PR]
# by me_sr2000 | 2008-04-08 22:35 | 鉄道と温泉

春の旅 2日目-2


 車中では、この路線の見所のスイッチバックあたりで、どうにもこうにも
 寒くてリュックの中から長袖のTシャツを出したりして、イマイチ落ち着かない。
 終点、宮地駅からバスで内牧温泉へ。のどかな田園風景と朝ビールが
 効き、うとうとしてたらバスの終点、阿蘇駅へ。あれ~内牧温泉って
 アナウンスなかったよ~運転手さんに言うと”うちのまき”だとか。アレレ。
 仕方ないので、駅でバスを30分待ち今度こそ内牧温泉へ。
 下車した正面の案内をかねたお店で、お目当ての共同浴場、田町温泉へ。
 しかしながら、私の勘がニブっていたのか、どう探してもみつからない。
 歩いている人、お店の人(運悪くこの日だけ手伝いに来たので全く
 わからないとの回答)などなど、3人目の聞いた地元のおばさんで
 ようやくたどり着く。リュックは重いしヤレヤレだ。しかもお湯がたまってないよ~
 フツーはここで、体を沈めて入るんだけど、そんな気力もなかった。
 バスの時間まで、街中を歩き、ビールでも飲もうと店に入るもケースの
 前にダンボールが積み上げてあり、自分の愛飲してる銘柄が取り出せない。
 そんなんこんなんで、なんだかすっかり縁が遠い温泉街と感じてしまった。
 そういや、ここの温泉で泊まろうとした宿に一人泊を断れたっけ。
 HPでは平日はokとなっていたから、わざわざ3/21の平日の内牧に
 行くコースを組んだのに。今回はとことん縁がなかったんだな。
 
 この後、この日の宿を目指す。ここが思っていた以上の感動を与えてくれた
 のね~

 ツヅク....

a0078966_20324953.jpg
[

a0078966_20335026.jpg


a0078966_20341056.jpg


a0078966_20343763.jpg

[PR]
# by me_sr2000 | 2008-04-05 20:35 | 鉄道と温泉

春の旅 2日目


 かんぽの宿のお湯は、当然のように循環塩素投入。
 サウナ水風呂露天と展望台大浴場があった。
 2日目の朝は6:00からオープンする大浴場を5:45から
 待つ。つか24時間入れないんだ~夜中に入りたい人も
 いると思うんだけど。5:50、少し早めに入れてくれた。
 川辺の朝日を眺めながらのお湯は、また格別。
 湯上りビールを頂き、6:30にはタクシー乗車。始発バスは
 7:04だったからね。7:00過ぎの電車に乗らないと本日の
 メインの電車に乗れない。

 西鉄柳川駅から大牟田駅へ、JR乗換え熊本駅へ。
 このあたりで気温の低いことに気がつく。熊本駅にユニクロ
 ないかな~あったとしても熊本駅到着8:00過ぎだし、
 開いてませんわ。

 8:42発の電車で阿蘇へ。数年前、この路線で”ASOボーイ”
 なるトロッコ電車に乗車した。確か6月、緑が本当に濃かった。
 カウボーイをひっかけていたのか、車内はウエスタンのBGM、
 乗務員は、ジーンズのカウボーイハット、ワクワクする電車だった。
 そんなんで、今回は在来線だけど阿蘇の2つ先、宮地駅まで
 乗車。熊本駅は駅弁大会で入賞した”あさりめし”を購入。
 http://www.jrkyushu.co.jp/ekiben/kumamoto.jsp
 8:00過ぎの売店に行くと”まだ到着してないんですよ”
 ”え~楽しみにして来たのに~8:42の電車の乗るんです”と云うと
 売店におばさん、反対側のホームを見ながら何も云わずどこかへ。
 おーっと荷物が届いたみたい、入ってきた電車に積まれてきた
 みたい。”見に行ってくれたんですね、ありがとう”とお礼を云って
 さぁ阿蘇へ。でもチト寒い朝だ。

 ツヅク.....

a0078966_20352486.jpg


a0078966_20355664.jpg


a0078966_20362921.jpg


a0078966_20372398.jpg

 
[PR]
# by me_sr2000 | 2008-04-04 20:40 | 鉄道と温泉

春の旅 1日目-4


 さて、本日のお宿は、かんぽの宿柳川。
 駅から路線バスで10分。到着時は祝日の夕方、立ち寄り湯客
 でにぎわっていた。そして季節柄、つるし雛がロビーに展示されてました。

 
a0078966_2014628.jpg


 
a0078966_20144154.jpg


 夕食はお一人様なので、早めの17:30。遅くなると、グループや
 団体でにぎわうからね。

 
a0078966_20122759.jpg


 
a0078966_20125166.jpg


 
a0078966_20103036.jpg


 
a0078966_20111138.jpg


 
a0078966_20114319.jpg


 
a0078966_2012674.jpg


 
a0078966_2013377.jpg


 この日は、地元柳川出身の琴奨菊が勝星(朝青龍に!!!)で、
 18:00には大砲が。
 そしてこの日の夜は、ダイエーホークスが開幕戦で逆転勝利。
 
 ワキにワイていた、福岡の夜でした。

 ツヅク.....
 
[PR]
# by me_sr2000 | 2008-03-31 20:24 | 鉄道と温泉

春の旅 1日目-3


 この日はもう1湯、船小屋温泉に立寄ろうと思って、観光協会に
 電話を入れたら、旅館はほとんどが廃業して、工事現場の人の
 宿泊施設になっており、大型ホテルのみの営業だと云う。
 工事現場?ダムでも作っているの?現地に行ってわかった。
 博多から熊本新八代までをつなぐ、新幹線を工事中なのだ。
 開業のあかつきには、現在走っている特急列車”リレーつばめ”も
 なくなってしまうのだろうか。

 
a0078966_20412483.jpg


 おしゃれなダークグレーな車体、スターウォーズのダースベイダーに似てる??
 
 
a0078966_20415645.jpg


 今宵の宿は、西鉄柳川駅からバス10分にかんぽの宿。
 柳川は、川の街だ。建物のすぐ側まで水辺がせまる。

 
a0078966_20464211.jpg


 川くだりも楽しめるみたい。

 
a0078966_20473555.jpg


 ツヅク....
[PR]
# by me_sr2000 | 2008-03-29 20:48 | 鉄道と温泉

春の旅 1日目-2


 広安の湯を後にして、瀬高駅からJR羽犬塚駅へ。ここからバスで
 西鉄八丁牟田駅までバス移動。

 
a0078966_22103055.jpg


 
a0078966_2212130.jpg


 バス停前で、既に到着していたバス前で待つ。なかなか乗せて 
 くれないなぁと思っていたら、後ろのドアから乗車だった。エンジンが
 かかってようやくわかった。あぁ危ない、東京川崎横浜あたりは後ろの
 ドアから乗ることないからね。この便12:08発の後は14:08だった。

 八丁牟田駅あたりでお腹が空いてきた。朝からコーヒーしか飲んで
 ないもんね。しかしながら、この駅近辺、本当に何にもない。
 赤提灯はあるのものの、昼は営業してないらしい。この日は祝日、
 もう少し人が歩いていてもいいと思うんだけど。少し歩いたけど
 めぼしい店がないので、断念。しかもここから次なる温泉まで車の
 乗らなくちゃならないのに、タクシーが通らない....と、目に見えるところ
 に個人タクシー会社の営業所が。あぁヤレヤレ。なんとか乗車、
 本日2湯目のあおき温泉へ。

 http://www.innovade.co.jp/shop-2-s051.html

 約15分、佐賀県の境の位置するスーパー銭湯形式、500円也。
 休憩所もあり、食事も取れるみたい。まずはお風呂よ~
 透明なほのかに香る硫黄臭のお湯だ。源泉掛け流しとうたっているが
 浴槽底の、吸込み口を発見。これって循環装置なんじゃないの?
 湯口がある小さな浴槽のみが、掛け流しか???隣あわせの大きな
 浴槽にはそこからお湯がながれてくる仕組み。他、露天、サウナ、
 水風呂有。施設としては、なかなか充実してると思う。リンスイン
 シャンプー、ボディソープもあった。
 湯上りは、遅めのランチ。ゲソのから揚げ、白身(真鯛だったかな)の
 お刺身、生2杯。おさしみ醤油がおいしかった。

 15:30に再び、タクシー乗車。八丁牟田駅から本日に宿の柳川駅
 へ向かう。

 ツヅク.....
 




 
[PR]
# by me_sr2000 | 2008-03-27 22:15 | 鉄道と温泉

春の旅

 
 3/20、羽田発福岡行6:30の便で九州へ。
 今回は、JALのマイルがたまったので急遽きまったような旅だ。
 いろいろ検索して、青春18キップで博多から鹿児島まで
 鉄道の旅を楽しむことにした。

 8:25、福岡空港着。うう...寒いぞ。去年3月に長崎に
 行ったときは長袖のコットンシャツでokだったのに。福岡の
 人々はコートにマフラー、これじゃ東京と変わらない。
 私の搭乗した便ではないけど、空港にはこんな機体を発見。

 
a0078966_20543190.jpg



 まず、本日1湯目のひろやす鉱泉広安の湯を目指して
 JR瀬高駅へ。福岡空港から地下鉄で博多駅へ。ここで
 ヒコーキの搭乗券でマクドナルドのプレミアムコーヒー無料券
 でコーヒーなんぞを買っている間に、快速電車を逃してしまう。
 瀬高駅まで乗換えナシで行けたんだけどな。ま、いいや。
 太宰府天満宮のある二日市駅で乗り換え。ここにもいい
 温泉があったんだよなぁ、立ち寄りしたかった。

 
a0078966_20545520.jpg


 
a0078966_20551928.jpg


 
a0078966_20555093.jpg


 さてJR瀬高駅到着。駅前のタクシーで広安の湯へ。
 タクシーの中にカサを忘れたらしく、ドライバーさんが戻って
 届けてくれた、感謝。旅はいろんな人の親切の出会う。
 
a0078966_2056226.jpg


 
a0078966_20564582.jpg


 
a0078966_21154291.jpg

 
 さて、肝心の温泉は、看板はあるものの外観ほとんど民家。
 入り口では愛想のいい女将さんが出迎えてくれた。2、3日前
 電話で駅からの行き方を聞いたことを覚えていてくれた。
 まずはお風呂へ。おぉ~見事な黄土色、素晴らしい!!!
 温度の低い透明な鉄泉を沸かして、こんな色になるんだとか。
 2畳くらいの浴槽に、約10人のお姉さま方ご入浴。身動きできず
 じっとつかっていたら、汗だらだら。どうやら私は鉄分を含む泉質
 に入ると汗腺にヒットするみたいだ。
 
 湯上り後は、休憩所で女将さんからお茶とポンカンの接待を
 受ける。とある温泉本に掲載されたので、東京(正確には川崎
 だけど)から来たと云うと、”へぇ~”と驚かれた。そりゃそうだ。
 帰りには、”道中にどうぞ”と南国名物兵六餅を2つ頂いた。
 
 ツヅク......



 
[PR]
# by me_sr2000 | 2008-03-24 20:57 | 鉄道と温泉

ちょっとおでかけ


 航空会社のマイルがたまったので、明日から九州へ♪
 久々お一人様ヒコーキの旅。相変わらず温泉メインだけど
 今回は電車の移動も楽しみ。
 明日の今頃は、大分との県境の柳川あたりでのんびりしてる
 かな。

 約一ヶ月ぶりの休日、あぁ待ちきれない~
[PR]
# by me_sr2000 | 2008-03-19 21:29 | 温泉



独身40代女に愛と財力の手を!
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31